国際フロンティア産業メッセ

今日は朝からガスの試験を受けに大阪へ。

午後からは神戸ポートアイランドで行われていた
国際フロンティア産業メッセ2007の会場へ行ってきました。

所属する淡路瓦工業組合も出展しました。

0e681d72b81637a84ac6543a6c409824

会場では、様々な業種の人がいて年齢層も様々でした。
屋根以外の瓦使いにも興味を持ってくれる人が沢山いましたが、
若い人たちにはなかなか興味を持たれなかったように思います。

幅広く受け入れてもらうにはどうすればよいのか…。
これも今後の課題の一つです。

また、ブースを訪れた方が口を揃えて瓦は重いから地震に弱いんでしょ?と。
和瓦は好きだけど、地震が怖いから違う屋根材にした。という方もいました。

報道の影響は想像以上のものです。
全て瓦が原因と思われているようです。

我々のPR不足も原因の一つではありますが
もっと家を守る屋根を重視してもらえるようにしなければなりません。
このままでは、いつか日本から和瓦の町並みがなくなる事になりかねません。

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

2 thoughts on “国際フロンティア産業メッセ

  1. ホントに
    悲しいことで…。
    でも家、建築に対する意識の低さが露わになっている現代です。お互い本物を造って残していきましょう!!


  2. 瓦は 当然 板金等の軽い素材に比べれば 重いに決まっているわけですが 重いものを載せる建物の骨格をバランスよく 頑丈に 造ればいい訳で 短絡的な感覚を持たれるのは ちょっと悲しいですね・・・。
    そんな単純なことでは無いわけなので『建築』って言うものは!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。