愛媛県へ…(1)

昨日瓦組合の青年部の方々と屋根葺きの競技大会である、
「全瓦連技能グランプリ2008」愛媛大会の視察に行きました。

e59699cefb0cc32553ee1e6298d49869

場所は愛媛県武道館。

e3493efe337747bf827dc6a9728cd147

5af8c83d2fc9f7b23dd7d77fab5a2122

石や木をふんだんに使ったとても大きなこの武道館。
屋根にはいぶし瓦が葺かれていました!

7c3995e916f8a6c1b004ae941dcdef04

入り口を入るとすぐに目に入るのが、
この巨大な鬼瓦!
これくらいのインパクトがあれば、誰が見ても
「あ、瓦の産地なんだな」と感じるでしょうね。
淡路にも産地として、これくらい人を惹きつける瓦が
あってもよさそうですけど…。

b2b4e134a085fb0a242829df9cda8de4

色々と考えさせられながら館内へ…

今回は全国から19名の選手が地元の菊間瓦を使い
架台に瓦を葺いていきます。

dc4b12463ee82cbf8c77a906dd1c407f

館内にはタガネで瓦を割る音だけが鳴り響く独特の空気。
大勢のギャラリーも選手達の技に見入っていました。
緊張感一杯の中、選手達が時間内に課題を葺き上げるべく、
手早くかつ丁寧に作業する様はまさに匠。
こういう技術があって日本の屋根は守られているんだと
改めて感じました。

947867b4caddccc92f588c9fdb5e38fd

昼前に競技は終了。
午後から間近で架台を見学できたようですが、
私達は時間の関係で見られなかったのが残念です。

d1d0bff976d4b49a3b63cfa7417dd411

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。