苔まみれの鬼瓦。

修理の鬼瓦がやって来ました。
割れや欠けは少ないのですが…、

6f2ce457e0ae3421b1a145a71ddfa6cb

苔が顔中にビッシリ!

7113f7e73880e452836cd92ee80f75f8

もう一度焼いて綺麗ないぶし銀にする為には
この苔もあらかじめ取らなくてはなりません。

一見簡単にポロっと剥がれそうなのですが、
これがなかなか…。

8d094da707ff02113e397cfb631e63a5

ヘラやたわしを使って根気よく擦り続けることほぼ一日。
なんとか苔も取れて綺麗になりました。

7ee67d9fc6ea38376068d38289140f27

あとは窯へ入っていぶしを纏うのみ!
再び屋根の上でいぶしの輝きを放ってくれることでしょう。

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。