工房の様子。

まだまだ暑さ厳しい淡路島です。
工房では今日も鬼師たちがご注文頂いた特注瓦作りに励んでいます。
細かい細工をする時は椅子にすわり机に向います。
土と向き合いヘラと指先に集中しての作業はすすみます。

こちらの鬼師は古代鬼面を製作中。
仕上げの段階です。

      

最後まで気を弛める事無く丁寧に磨き上げていきます。

完成。

出来上がると次は乾燥。
以前から何度も記事にしていますが、この工程を誤ると
精魂込めてこしらえた鬼瓦が割れてしまいます。
焼きあがるまでは常に白地の状態をチェックしなければなりません。
鬼師たちには気の休まる時がありません。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。