恒例の門松作りなのですが…。

今日は仕事納め。
皆で一日工場中を大掃除しました。

夕方には毎年恒例となっている門松作り。
買ってきたほうが安くて手っ取り早いとの声もありますが、
毎年続けているので、今年も竹を切ってきて
手作りの門松をこしらえました。

いぶし瓦の鉢に慣れた手つきでいつもの鬼師が作っていきます。

完成!
彩りも鮮やかに、新年を迎える準備が整いました~。

門松を飾る割に門松の事をあんまりよく分かっていないので
Wikipediaでちょっと調べてみると…、

設置期間にも謂われがあるようで、(詳しくはこちらを
12月29日に飾るのは「二重苦」、
また9の末日でもあるので「苦待つ」
に通じるのでよくないとのこと(ヒェ~)

全然知らんかった(汗)

うちは毎年ほぼ29日が仕事納めなので、
いつも29日に設置してました。
これは考え直さなければ!
縁起物の多い和瓦の世界なので
ここで縁起を差し置いていてはダメですよね…。
仕事納めの最後の最後に変に悩まされてしまいました。

お知らせ。

明日12月30日から1月8日まで
工場及び、『IBUSHI GALLARY 瓦廊』はお休みさせていただきます。
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。