いぶし銀、その色の秘訣

吐土(はけつち)。
瓦を形作り乾燥させた後、窯に入れる前に行う、
淡路いぶし瓦にとって重要な作業の一つです。

46a6cbcab86db3d827917995c3602b8b

土を細かく砕いたものを水で溶き
それを白地にまんべんなくかけていきます。

濃さの加減が焼き上がりに大きく影響するため
吐土の具合は熟練の職人によって見極められます。

その後再び乾燥。
f4f3bccee595f58e87d93810399fcb53
41e0a1a638abfebb9e77286ff3c899c3

鬼瓦工場では、全て手作業で行われるこの作業。
地味ではありますが、焼成後の淡路瓦特有の色艶
の良さはこの工程があって生まれるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。