今日の鬼師さん。

今日も雨の淡路島です。
冬に逆戻り、寒い一日でした。

工場では朝からテキパキと窯積み。

その後、工房組と工場組に分かれてご依頼いただいた作業に取り組みました。

こちらは屋根用ではなくて、記念品としての鬼面の依頼です。
午後からお客様が工房まで出来具合を直接見に来られ、
ご指摘いただいた所を修正中…。

窯積みの終わった工場ではお寺用の鬼瓦の修理に取り掛かっています。

今回はかなり古い鬼瓦で、数が多い上に修繕箇所も結構あり
時間がかかりそうですが納期に間に合うよう手分けして作業しています。

まだ寒い日が続きそうですが、鬼師たちは明日もがんばります!

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

2 thoughts on “今日の鬼師さん。

  1. 常に。
    >Kazuさん

    さすがに制作中の彼らは写真を撮るのも緊張します(汗)
    集中力、緊張感がレンズ越しに伝わるので。
    皆一つのものをし終えた後はやっぱり充実感が大きいし、言われるように安堵感もあると思います。
    納品して、屋根に上がるまではやっぱり緊張感も続きますけど(笑)

    そう!なんとなく見続けてしまうんですよね~。
    古来から伝わる不思議なカタチです。

  2. 緊張感。。
    鬼師さんのお仕事ぶりを拝見していると、こちらまで緊張してくる
    ような。。
    製作や修繕を依頼される方の目は厳しいのではないでしょうか?
    だからこそ、ひとつの仕事をやり終えた時の充実感は大きいような
    気がします。
    それと同時に安堵感もあるのかな?

    そうそう、宝珠と受け花のいぶし銀に魅せられてしまいました。
    なんとなく見続けてしまう形ですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。