亀の復元。

今回のお仕事は亀  

こちらは見本となった古い瓦。
下の写真の亀は焼き直してもう一度屋根へ上がります。

もう一体が修繕不可のため鬼師が復元することになりました。
亀も阿吽(口が開いたのと閉じたの)で作ります。

出来上がりがこちら!
甲羅の上の岩のようなものの真ん中には
別の素材で縁起物の宝珠が埋め込まれます。

「鶴は千年、亀は万年」と言われるだけあって、
長寿を象徴する大変めでたい生き物として
昔から尊ばれています。

今回の亀にはありませんが、亀の甲羅の六角形の模様は
吉兆を表す図形ともされているそうです。

屋根瓦の飾りにも鶴や亀は昔からよく使われています。

機会があったら是非探してみてくださいね~

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。