瓦廊に春の訪れ。

先週は暖かかったのに、また真冬の寒さに逆戻り。

春が待ち遠しいですね。

 

さて、Ibushi Gallery 瓦廊ではいつも鬼師や事務員さんが

季節を彩る花を生けて、お客様を出迎えております。

 

現在は今月初めに鬼師が生けてくれたサンシュユの木の花が

もうすぐ見頃を迎えそうです!

大きめのいぶし瓦の角柱花器は、花を生けるのにも最適。

いけばなで大きな作品を製作される方にも大変人気があります。

サンシュユは別名を「ハルコガネバナ(春黄金花)」と言うそうです。

黄金色で一杯になるのが待ち遠しいですね。

瓦廊へお越しの際には、こちらの花にも注目してみて下さい。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

2 thoughts on “瓦廊に春の訪れ。

  1. Unknown
    コメントありがとうございます。
    せっかく楽しみにしていただいているのに
    更新がままならなくて…。
    ぜひ直接見に来てくださいね!
    お待ちしています。

  2. 素敵ですね!
    ギャラリー素敵ですね
    拝見させていただいてると、見に行きたくなります
    それに、花器も季節の花々で彩ると季節感も感じられるし、観葉植物や花があるとギャラリーの印象も違いますもんね!
    さすが事務員さん、鬼師さん
    私にもアイデアやセンスがもっとあればなと思います。
    見させていただいてて勉強になります。

    お伺いする機会があった時には、ゆっくり時間をかけて見させて下さい。

    ブログ更新楽しみにしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。