別注 松川菱(まつかわびし)

こちらも古い瓦を見本に復元させて頂いた瓦です。

松川菱(まつかわびし)。

松の樹皮の割れに似るところからこう呼ばれているようです。

大小の菱形を連続させた紋様の事を昔からこう呼んでいます。

既製品でもありますが、今回は既製品とは寸法が異なるため、

一つずつ手作りで復元する事になりました。

 

 

ある程度の数量が必要なので、原型を作り石膏で型をとって

型押ししていきます。

型押しと言っても、機械ではなく手作業なので数量もそんなには出来ませんが…。

 

 

出来上がりがこちら!

このように上下に組み合わせて、棟に埋め込まれる瓦です。

今回は、これを数十個つくりました。

 

 

実際に施工されたところを見ないと、一般の方にはイメージが沸きづらいですよね

 

こちらのページで何となくイメージして下さい

 それっ 

 

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。