雁金(かりがね)の紋入り鬼瓦

製作中の鬼瓦。

 

 

数珠掛(じゅずかけ)カエズ

社寺等によく使用されるシンプルな鬼瓦です。

常時在庫製品もありますが、今回はレギュラー製品よりも

大きなサイズでの御注文だったので手作りで製作しました。

 

 

丸に結び雁金(まるにむすびかりがね)の家紋入り。

 

 

雁紋について。

雁(かり)の文様より転用した紋。

「雁金」「雁音」とも書き、「かりがね」と読みます。

こちらが、よく使用される雁金紋。

 

 

土佐坊昌俊が源頼朝の治承の挙兵にのぞみ、

二文字に雁の旗を賜り、これを家紋としたと言います。

可愛らしい家紋ですけど、この紋は古く

多くの大名・旗本に用いられたのだそうです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ 

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。