鬼に命が宿る瞬間

4dd59cb85fa05b55c491f68b5f709f72

この鬼面、顔は弊社のレギュラー品ですが、
今回はこの顔で一体物の棟鬼瓦を作ってほしいとの
ご依頼を受け、ただいま製作中です!

まずは土台作りから。

fa93484c0a66dc97e742d6291c26f430

レギュラー商品と言っても、もちろん手作りです。
土を加えて徐々に鬼の顔を作っていきます。

b9c20d3eaac92afecf309b08113393fa

目を入た時、鬼に精魂が込められた感がします。
最後に表面を磨いて完成。
この後、約1ヶ月かけてゆっくり乾燥させます。

3b8b77f83eaad3cfba4bae1a15cf4f01

鬼瓦は屋根の上で、家を守る魔よけ意を持ちます。
鬼師達は、常にそれを念頭に入れ命を吹きこむ気持ちで作り上げます。

この鬼面も屋根の上できっと長い年月、建物を見守って
いってくれる事でしょう。

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

4 thoughts on “鬼に命が宿る瞬間

  1. Unknown
    仕事内容は違えど、ものをつくり上げるという目標はみな同じ!お互い良いものを残していけるよう頑張りましょう!!

  2. こんにちは!
    何を作るにもやっぱり目は大事なんですね!

    今年の猛暑で僕も若干夏バテ気味です…。
    まだまだ残暑厳しいようですが、お互いがんばりましょう!

  3. 目力
    お久しぶりです 
    オニさんカッコイイ!! やはり眼は重要ですね。
    刺繍でも顔の有るものは<眼を入れる>と言う作業が最後になってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。