門屋のリフォーム(9)

先週で地葺きが終わり、壁際の水切りと、折返しに取り掛かっています。d5064484c931611fa2406f341b2e477c

折返しには自社製鬼瓦。

4c26817dbfd9fedbf7013abab056d010

蔓若葉鬼瓦です。

afa6a82f71cd4a5accc682c51108720c

雨水が壁を伝って建物の中に入るのを防ぐための水切り熨斗瓦。

b29699d2a6362f96cc03d23498f17606

両端には熨斗止め瓦。
共に自社の瓦を使用しました。

c59c3c4391fa3840bdc839cfc46c23a1

和瓦の屋根は色んな部品によって形成されています。
それぞれがきちんと役割を持っているんです。

家を雨風から守るため、景観を守るため
そして、高い技術を後世に伝えていくために
職人さんは日々細かい作業を続けておられます。

さぁ残すは棟のみとなりました。
でも、作業は一旦休止です。再開が待ち遠しい…。

以前の記事はコチラ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。