干支の飾り瓦 「子」

干支飾り瓦「子」が完成しました!
毎年鬼瓦職人が創作している干支飾り瓦。
手のひらサイズの小さな飾り瓦です。
ご家庭に、または贈り物に…。

f36f111462aee67de1331a6c0fa148cb

職人が一つ一つ心を込めて作り上げています。

3fb633ba0fde9017e07bcbb525121920

十二支の数えで一番最初に登場するのが子。
子は「ふえる」という意味をもつことから、
生命が増殖することの象徴となっているそうです。

また、子が割り当てられている11月(子月あるいは霜月)は、
それまで「陰」に覆われた万象が、冬至を経て少しずつ「陽」の方向へ
向かい始める月。
そこから、子には数々の命が活き活きと生まれ出る物語が込めら
れてもいるそうです。

高さ約11cm  幅約7センチ

f0de96d868df2cdeb822391a201bfa62

acbdd8a459f60600675a55a026fcb1a6

94be84ce6cc20783fc8a0d18899c8f98

e7d271177bbf024bab93e80c8c76e934

玄関や卓上に飾るには程よい大きさ。
より身近にいぶし瓦を感じて頂けます。
干支飾り瓦で開運を…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。