五百羅漢!

淡路島、洲本市の外れに、蓮花寺というお寺があります。
個人的に前々から訪れてみたかったお寺の一つです。
先日休日を利用して初めて行ってきました。

山門をくぐると、正面に本堂、左に鐘楼、香炉、地蔵堂。
右に羅漢堂、多宝塔、経蔵、天神様と、境内には七堂伽藍が整っているのです。

中でも、ここの羅漢堂は必見!
新しい大きな鬼瓦が威風堂々佇んでおります。(弊社製作の鬼瓦ではありません)
その綺麗になった羅漢堂の中へ入ると…

876ddbea16f8a56b0a42e7c311ddff31

圧巻!531体もの仏様が鎮座しているのです!
規模は大幅に違いますけど京都の三十三間堂の千体の仏像を見たときと
同じ何ともいえない空気が…。

7f47a482cc591c904b09df250f3bcf58

動作、表情が一つ一つ違います。
結構面白い顔をした(バチアタリ?)仏様もおり、
思わず時を忘れて見つづけてしまいます。
これを作った職人たちの想いがヒシヒシと伝わってきます!

 蓮花寺・五百羅漢とは…
江戸時代後期、当時を中興した実恕和尚が天命四年(1784年)に先ず十六羅漢を安置
中興二世実静和尚、三世実賢和尚、四世実栄和尚と四代に渡り66年の歳月を経て五百
羅漢が安置されたのである。(寺の説明書より)

境内には長年建物を守ってきたであろう鬼瓦たちが、その役目を終え
ゆっくりと休んでおりました。

0412c23449efc38608c559c65b5bdab8

ae8c88dd22f2c03f1415e60d2b5d6db4

写真はありませんが、ここの多宝塔。
こちらも必見で、小さいながらも
昔の職人さんの技術をじっくりと感じ取れるはず。

淡路島、まだまだ見所は沢山ありそうです!

最後に屋根瓦をじっくり拝見。
新しい屋根、古い屋根が混在し、それぞれの持ち味を感じつつ
その場を後にしました。
73690b24876c4c9c9a8ef53f91b7063f
8a1f5dc6b713d7aa391a1de981ce6f71

cf68fe33497b318ce7402c90ffda13fa
17fd4ef005f16c1db2045962e6acd05b


2 thoughts on “五百羅漢!

  1. Unknown
    T.Sさんの正月休みはお寺巡りに決定ですね!
    僕もまだまだ探索していきたいと思います!

  2. Unknown
    これまた先山に続き興味津々のお寺ですなあ!
    確かに屋根は見た事ありますが中の様子までは知らなかったです。
    こちらも行きたくなりました。
    瓦廊さんのおかげで正月休みの楽しみがまた一つ増えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。