今年最初の!

今年最初の修理鬼がやってきました!

6905f8ed179b6fd0a64be9a242e30e1c

大きな鯱に鬼面にetc…。
盛り沢山の古瓦達です。

龍の鬼瓦。

12d7ae1fe1783239b4e934749fca19c1

こっちは獅子が睨みをきかせています。

fc5b5545634823037911152d6220c704

今日の淡路島はとても寒かったです…。
小雨が降る中、鬼師たちは完全防備で
沢山の古瓦をいつものように洗って行きます。

e3a7b35f50d01f698f61ff7a162e345a

鬼瓦の裏っかわも丁寧に!
寒さに負けず、隅々まで汚れを落とします。
いくらみえないとは言え、土や漆喰があまりに付いたままだと、
いぶしがうまくのらず、ムラが多くなってしまうのです。

c9c4a54728a2b394227086c0ee1edd4c

せっかく焼き直して新たにいぶしを纏うのですから
出来るだけ(状態によっては困難な時もありますが)綺麗な
姿に生まれ変わらせてあげたい一心で作業に取り組んでいます。

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

4 thoughts on “今年最初の!

  1. Unknown
    >川淵さん

    一つ物です。
    一昨年、これによく似た形、大きさの鯱をウチの職人が手がけました。
    それも一つ物でした。かなり難しかったようです。

    >足袋人さん
    飾りにするなら、そのままの方が長年かけて出来た
    いぶし特有の良さが感じられるので良いのでしょうね!
    復元して、古瓦はそのまま保存しておけると一番良いのでしょうけど…。

  2. 古美た良さ
    焼き直しか・・・
    それもいいけどそのままで飾っておきたい気もします。
    その圧倒的な存在感に惚れぼれします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。