奈良 大宇陀

ふらっと一人旅に行ってきました。

奈良県の北東部、大和高原の南端にある
大宇陀という四方を山に囲まれた小さな町へ…。

ここは南北朝の頃に織田藩三万石の城下町となり、
この地方の中心都市となったそうです。

江戸時代から昭和初期に建てられたという町屋が数多く残っています。

0e1aae2f27d6a28ea17df8a0c0b89223

274d9c9232166e51b2b0cd93fb8b807f

街道に沿って瓦屋根が軒を連ねていて、
細格子や虫籠窓(むしこまど)、袖壁に
黒漆喰、犬矢来、うだつなどを備えた家々が並んでいます。

よく見比べると、家によってそれらのデザインが微妙に
異なっていて、それぞれの職人技を多様に感じることができました!

ここ大宇陀の民家は、繊細な京都でもなく、荘厳な奈良でもなく、
日本民家の基本だとも言われているそうです。

48f2d6dc932bb420ee8b688378995dcc

cecc23a5288a5f7999b363a2c2d9c9c6

1fff9479f42c9e5871a87a5014ae6ed6

歩いていると町の景観を損なわないよう、屋根の葺き替え、
家の改築を重ねこの町の姿を伝えていこうという住民の方々の
想いが伝わってきます。

12a9c9b9fb016f4784a3395cc0205d0d

山間の小さな町には、のんびりと気持ちの良い空気が流れていました。

f40d0042aee66750e3b08442fe60de90

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。