家紋 丸なし変り三つ切り竹に笹

竹、笹紋について

竹または笹を象った紋。
竹、笹紋は混同して呼ばれていて、厳密な区別は無いそうです。
のちには竹の子紋も作られました。

ご存知、歳寒三友として松・梅とともに並び称されています。
また、桐・竹・鳳凰の一組の組み合わせの中から竹を取り出したもので、
祥瑞的(縁起が良いこと)意義に基づいて用いられるようになったとか。

『源氏物語絵巻』『年中行事』などに見られる竹の丸紋様が、
家紋に発展したそうです。

参考文献:日本紋章大図鑑

こちらの家紋は「丸なし変り三つ切り竹に笹」

0d08590c61e6fa18c9b7a71ffd092c44

今回の家紋は特注品なので、鬼師が一から手彫りで
こしらえて行きます。

f26dd641923038fbd25cbaabd7197b40

彫が深くてカッコイイ家紋に仕上がりました!

7728b29f6b5f14de0397c9180b38bb73

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。