鬼は外、鬼は内。

今日2月3日は節分の日ですね。

節分の豆まきと言えば「鬼は外、福は内」が一般的。

屋根では魔除けになる鬼ですが、恐くて悪いと言うイメージが強いみたい。

でも、地域によっては「鬼は外」とは言わない所があるそうです。

ちょっと調べてみると、

鬼を祀っている神社やお寺では

「鬼は内、福は内」「福は内、鬼も内」

と言うそうです。

また、地域によっても例外があって、

例えば群馬県藤岡市鬼石という地区では
鬼が投げた石でできた町という伝説があって、鬼は町の守り神。
全国各地から追い出された鬼を歓迎する「鬼恋節分祭」なるお祭まであるとか。

他にも、苗字に鬼がつくご家庭でも(例えば鬼塚とか…)

「鬼は外」は縁起が悪いので言わないことがあるみたいです。

何となく嬉しい風習です。

所で、うちではと言いますと…。

鬼瓦はとても大事なものなので「鬼は内」

でも、鬼瓦は外に出て屋根に上がって欲しいので「鬼は外」

どっちでもよさそうなので

どっちも言えと教えられました。

さらに「福は内」まで言うと欲張りすぎなので

言ってはいけません。。。

これから事務所と工場で「鬼は外、鬼は内」します。

これで明日から

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ


6 thoughts on “鬼は外、鬼は内。

  1. みたいです。。
    >Kazuさん

    様々みたいです。ほとんどが「鬼は~外~」、「福は~内~」なんでしょうけどね。
    どこのご家庭もお父さんが鬼役みたいですね~。
    そういえば僕も幼い頃は父親に向かって豆を
    投げつけてたような気がします(笑)

    下の鬼瓦、優しい、素朴な顔してるでしょ~。
    僕もこの鬼瓦には何となく癒されてます。

  2. 確かに!
    >瓦哲さん

    上手いこと教えられました(笑)
    要は気の持ちようですかね~。

  3. なるほど~。
    節分のかけ声も、地域によって様々なんですね。
    勉強になります。

    我が家のかけ声は一般的な「鬼は~外~」、「福は~内~」です。
    昨夜は子供たちのかけ声が響いてました^^
    鬼役は。。もちろん僕しかいません(笑)
    豆まき というよりは、豆投げつけ?という感じ(笑)
    ここぞとばかりに狙われましたよ(汗)

    でも僕は心の中で「鬼は内」、「鬼は外」と囁いて?ました(笑)
    なんとも微笑ましいというか、やさしい表情の瓦の鬼の写真を見て
    しまったので。。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。