焼き直しの鬼の顔は…。

工場では修理再焼成のご依頼が続いています。

再焼成前。

焼成後。
今回もきれいないぶし銀に蘇りました!

ムム!

ン??

あはっ!

笑ってるようにみえますね。

小さな鬼は睨みを利かし、大きな鬼は大らかに、
屋根の上でもそれぞれに役割があるのでしょうね!

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

4 thoughts on “焼き直しの鬼の顔は…。

  1. こんばんわ!
    >とうふさん

    はじめまして!コメントありがとうございます。
    こちら淡路島の瓦屋のブログです。

    鬼瓦、いい顔してるでしょ~。
    何十年も前の職人さんが作ったものなんです!

    今後もよろしくお願いします!

  2. ですよね!
    >Kazuさん

    やっぱり笑って見えますよね!この鬼面。
    これを作った昔の鬼師の方の遊び心でしょうか。
    こういう機転もモノづくりには必要なのでしょうね。
    凝り固まってしまってはダメ…。
    古瓦の修理を通して学ぶことは毎回あります。
    次のご依頼が楽しみでもあります!

    カラーの花、僕もたまたま咲く前に立ち会えました。
    いつも咲いてから気付くんですけどね~。

  3. あはっ!
    今日の瓦廊さん、少しお笑い系入ってますね(笑)
    でも。。   困りました(汗)
    こんなに立派に復元されたいぶし銀の鬼瓦なのに。。
    どうしても笑った顔にしか見えなくなってしまいました(汗)
    ダメです(笑)もうどうみても笑ってます(汗、汗)
    ごめんなさい。こんなに素晴らしい伝統芸術なのに。。
    でも、たまにこのようなユニークなものがあると楽しいです。
    おおらかな鬼面さんなら、きっと許してくれるはず(笑)

    昨日の花、やっぱりカラーだったんですね。
    そうなか~と思ってましたが、花が開く前の表情はあまり見たこと
    がなかったので。
    事務所のそばにカラーが咲いてるなんて、いいなあ。。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。