窯変花器

鬼師の感性が息づく創作の一品もの。

通常のいぶし瓦とは異なる独特の肌の表情は一品一品異なります。

艶やかな瓦の花器と色とりどりの春の色で空間を演出してみませんか?

にほんブログ村 インテリアブログへ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

2 thoughts on “窯変花器

  1. ぜひ!
    >Kazuさん

    ぜひぜひお願いいたします(笑)
    あ、もちろん色とりどりの花じゃなくても。
    地味じゃないです!
    色は黒いですけど、Kazuさんの作品には、
    独特の華があります。
    楽しみですね~(笑)

  2. はいっ!
    演出してみます(笑)
    ぜひぜひ使ってみたい逸品です^^
    色とりどりの花でなくてもいいですか?
    黒くて、どちらかというと地味なものなんですけど(笑)
    本気で欲しい瓦の器です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。