達磨窯解体!?

新しい年になり早10日が過ぎました。

遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いします!



今年最初は達磨窯です。

以前から窯の温度が若干上がりにくいと言うこともあって、

この度、焚き口を一旦壊して、改良することになりました。















作り上げるときは苦労したけど、壊すのは早いですね~。

あっという間に寂しい姿になってしまいました…。





これからまたレンガを積んで新しい達磨さんが出来上がります。

今年はこの窯で鬼師たちの作品も色々と焼いて

ご紹介できればと思っています!


 

ブログランキング・にほんブログ村へ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

2 thoughts on “達磨窯解体!?

  1. 遅くなりました。
    >Kazuさん

    こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

    煉瓦の積み方でやっぱり影響が出るみたいです。
    難しいものですね~。
    通常仕事で焼くガス窯のようにはいきません。
    それがまた楽しかったりもするんです。
    色々と勉強にもなります。
    僕はなかなか知恵は出てきませんが(汗)

    とにかく、改良後はどういう風になるのか
    僕もとても楽しみで~す!

  2. だるまさん^^
    瓦廊さま

    本年もよろしくお願いいたします。

    達磨窯も煉瓦の積み位置や、ちょっとしたバランス等で温度に
    影響が出るのでしょうか?
    これも先人たちの経験によって伝えられてきたと思うと、奥が
    深くまた伝承すべきものなのですね。
    それに瓦廊さんたちの知恵も加わって、より進化していくのかも
    しれませんね^^

    改良された達磨窯で焼かれた、鬼師さんたちの作品を楽しみに
    していま~す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。