達磨窯 窯積み

何度かお伝えしています

本格的鬼瓦つくり体験



淡路瓦400年祭

の企画でもある本体験で製作して頂いた鬼瓦は、
現在淡路島では唯一の土窯である

「達磨窯」

で焼成します。

今日はこれまでにお客様が作られた鬼瓦を
いよいよ窯に積めることになり
午前中に窯積みに行ってきました。

これまで、達磨窯の焼成には
何度もお手伝いに行っていますが
窯積みは初めて…。








鬼瓦を入れる前に、まずは毎回焼いている桟瓦を入れました。
これがなかなか大変な作業で、改めて昔の人たちの苦労を知ることになりました。





そしてこの後、いよいよ大事な作品を一つずつ窯に並ていきました。








午前中、約3時間かけてここまで窯に入れることができました。





この後、午後担当の方々にバトンタッチし、
夕方無事にすべての鬼瓦が窯に入ったようです!

この窯は、5月3日の朝に火入れとなります。
体験に参加された方はもちろん、
その他の方もこの機会に是非
達磨窯の焼成に立ち会ってみませんか?

丸一日かけて行いますので、
ご自由にご見学くださいね。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

2 thoughts on “達磨窯 窯積み

  1. はじめまして
    >yossinさん

    ご訪問ありがとうございます!
    ホームページ、ブログも頻繁にチェックされているとの事で、
    更新頻度が少なくて大変申し訳なく思っています(汗)

    400年祭にお越しの際には、是非この町、瓦の魅力を
    感じていただければ幸いです。
    お時間があれば是非弊社にもお立ち寄り下さいね。
    お待ちしております!

  2. はじめまして
    兵庫県の伝統工芸に興味があり色々調べていたところ、数ヶ月前にタツミさんのホームページにたどり着きました。

    作品紹介のページを見て、淡路瓦の精巧さと輝きに感動しました。
    以来、ブログも頻繁にチェックさせて頂いてます(笑)

    来月開催の400年祭にも参加させて頂く予定で、とても楽しみにしてます。
    ギャラリーにも立ち寄れたらなぁ~と思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。