奇跡の星の植物館「ガーデンルネサンス2010」

淡路島の夢舞台温室「奇跡の星の植物館」では
2010年9月18日(土)~11月7日(日)まで

ガーデンルネサンス2010
夢コレクション

-いざ、ジャポニズム!!
夢舞台から世界へ-

と題された展示をしています。

そこでは日本の伝統文化や工芸などを取り入れたガーデニングを提案されています。
そんな中で、弊社の瓦もご使用いただいています。

そして昨日、IGCA(国際ガーデンセンター協会)の日本大会が同植物館で行われ、
参加させていただく事になりました。

欧米諸国から約200人のお客様を招いての盛大なもの。
中でも、いぶし瓦を初めて目にされる方が多く、
とても興味を持って見てくださいました!

スタッフの方が瓦を並べるパフォーマンスを披露。

植物館の入り口には、
㈱辻本智子環境デザイン研究所
の辻本先生がデザインされた瓦のオブジェが目を惹きます。
特注の透かし彫りの飾りタイルやイブシブロック、熨斗瓦を使って
とてもカッコよく仕上がっています。
実は瓦を納品したあと、実際にどのように使われるのかは
直前まで未定だったので少し不安もあったのですが
素晴らしい出来栄えで感動しました。
瓦の使い方にもまだまだ新たな道がありそうです。

館内には他にも色々見所が満載です。
瓦、左官、盆栽…、
日本の素晴らしい文化が諸外国の方々を魅了していました!

ライトアップされた館内では
様々なパフォーマンスも披露され
大盛況の内に幕を閉じました。

パフォーマンスはこの日のみですが、
ガーデンルネサンス2010はまだまだ開催中ですので
淡路島にお越しの際には
奇跡の星の植物館へ
是非お立ち寄り下さいね~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。