淡路瓦 タツミのブログ

兵庫県伝統的工芸品「淡路鬼瓦」指定窯元

お皿のご依頼

 

大阪のイタリア料理店「sfida」様からのご依頼で

度々製作させて頂いています。

瓦のお皿。

鬼師が一枚一枚手作りし、

通常のいぶし焼きとは

少し違って、表面に焼きムラがあり、

味わいある仕上がりになっています。

こちらのシェフは淡路島出身で、

うちの鬼師と同級生と言う事もあり

長年ご愛用頂いています。

いつもありがとうございます。

 

 sfida(スフィーダ)

 


◇本格的な鬼瓦から瓦を使ったエクステリアや記念品・贈答品までお気軽にご相談ください◇

◇ 株式会社タツミ http://tatsumi-oni.co.jp ◇

◇ Ibushi Gallery 瓦廊 http://tatsumi-garou.com/ ◇

 


本年もよろしくお願いいたします。

 

長い休みも終わり、本日より全員揃っての仕事始めです。

朝礼後に地元のお宮さんへ皆でお参りし

今年一年の安全を祈願してきました。

毎年恒例で行っている行事で、

このお参りによって一年の始まりを実感しています。

今年も鬼瓦職人たちの様々な仕事をお伝えしていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。


結婚式の引き出物に宝結びの模様入り鍋敷き。

あると便利な瓦製の鍋敷き。

日常でもよく使うので、既製品のこちらの商品も人気です。

↓  ↓  ↓

鍋敷き 華紋

92bd377a16e5cc3e17fd70f01458ee42

 

さて、今回は結婚式の引き出物にオリジナルの瓦の鍋敷きをとのご依頼でした。

鍋敷きの模様はお客さまにご提案頂き、とても縁起の良い「宝結び」の模様に決定しました。

 

宝結びは、宝物を包むときの飾り結びの形から生まれたそうです。

連続する無限を意味し永久の繁栄、長寿、多幸などを願う吉祥紋!

 

引き出物と言う事で、ある程度の数が必要なので

原型を作り石膏を流し型を作って量産していきます。

 

dsc_4865

 

型抜き後も手を加えて丁寧に仕上げていきます。

 

dsc_4969

 

焼き上がり。

 

dsc_5105

 

dsc_5108

 

一つづつ化粧箱に入れ包装し、納品させて頂きました。

後日、大変喜んで頂けたと嬉しいご報告もいただきました。

ご依頼ありがとうございました!

 


◇本格的な鬼瓦から瓦を使ったエクステリアや記念品・贈答品までお気軽にご相談ください◇

◇ 株式会社タツミ http://tatsumi-oni.co.jp ◇

◇ Ibushi Gallery 瓦廊 http://tatsumi-garou.com/ ◇