淡路瓦 タツミのブログ

兵庫県伝統的工芸品「淡路鬼瓦」指定窯元

『木造住宅/瓦屋根のある風景フォトコンテスト』

弊社も所属しています、淡路瓦工業組合のPR事業で

表記フォトコンテストを実施致します。

ふるってご応募下さい!

 

 

『木造住宅/瓦屋根のある風景フォトコンテスト』

日本が世界に誇る町並みを形成する木造住宅。

甍の波などで魅了する素晴らしい木造建物の写真を募集します。

自慢のご自宅の写真はもちろん、旅先で出会ったお洒落な和風、

和モダン建築の写真などから、各賞を決定いたします。

いつかはこんな家に住んでみたいと思わせる自慢の写真で、豪華景品をゲットしよう!

■応募資格
 個人、法人、団体等を問わず、どなたでも応募できます。
 入選者は名前が公表されることを予めご了承ください。

■応募対象
 日本国内の美しい木造建築のお宅の写真。
家全体が分かる写真に限ります。
 瓦の産地は問いません。

■募集方法
 ホームページ上の応募フォーマットにご記入の上、
写真を添付してご応募ください。
 淡路瓦工業組合HP http://www.a-kawara.jp

また、インスタグラムの投稿での応募も可能です。

#瓦屋根コンテスト

上記ハッシュタグを付けて投稿してください。

■問い合わせ先
 淡路瓦工業組合 TEL : 0799-38-0570  
e-mail : info@a-kawara.jp

■選定スケジュール
 1.募集期間 11月1日~1月31日
 2.審査    2月
 3.発表  3月
※淡路県民局、南あわじ市役所、淡路瓦工業組合、
他数名の選考委員で審査させて頂きます。

■応募の際の注意事項
 応募頂いた写真は瓦屋根普及活動の資料として、
広報活動等に使用させて頂きます。
 その他、フォーマットに記載の注意事項をよくお読みください。

■賞品
 1.淡路県民局長賞  1点 
 2.南あわじ市市長賞   1点 
3.淡路瓦工業組合賞     1点
 4.優秀賞      数点
1,2,3賞に選ばれた作品には豪華ペア宿泊券を
4の優秀賞には淡路島の特産品セットをプレゼントいたします。
受賞作品は淡路県民局及び南あわじ市役所などに展示予定です。
展示時期は未定。

●ホームページの応募フォーマットに記載する項目
 1.氏名(フリガナ) ※必須  団体の場合は団体名と担当者名 ※必須
 2.氏名をホームページ等で公表することについての同意 ※必須
 3.住所 ※必須
 4.電話 ※必須
 5.Eメール ※必須
 6.撮影場所(地域名のみで可) ※必須
 7.PRポイント ※任意
 写真添付欄

注意事項
 ・応募者本人が撮影し、著作権を有しているものに限ります。
 ・ご自宅以外の個人邸を撮影、応募する場合は、必ず家主の許可を得てください。
 ・肖像権等で問題が生じた場合の責任は負いかねます。
 ・著作権は淡路瓦工業組合に帰属し、必要に応じて
トリミング処理をした上で広報活動に使用する場合があります。
 ・画像加工したもの、立ち入り禁止場所で撮影したものは除きます。
 ・ドローンで撮影したものは、必ず撮影許可を得たものに限ります。
 ・写真はフォーマットからの画像データ(1画像3Mまで)
での応募のみとします。郵送、Eメール等では受け付けておりません。
 ・画像データの返却はいたしません。

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

大きな龍のレリーフ

昨年、地元淡路島の阿万地区自治会の方々よりご依頼いただき

だんじりの龍の水引のデザインをモチーフにした巨大なレリーフを製作させて頂きました。

 

見本の水引

「阿」

「吽」

 

高さ1.5メートル、幅2メートルの大きなものなので、12分割に。

このサイズのレリーフはこれまで製作実績が無かったので

職人も試行錯誤、かなり苦労しました。

製作から納品まで半年以上の時間がかかりましたが

今年の3月にようやく施工していただけました。

心配で施工現場を見に行ってみると、やはり色々と問題があったようで

施工業者の方々にも大変ご苦労をお掛けしましたが、

何とか完成!

青空のもとに二つの龍が栄えます。

ここ阿万海水浴場は護岸工事でかなり景観が変わってしまいましたが、

このレリーフが少しでも地域の新たなスポットとして親しんでもらえると嬉しいです。

海水浴場の看板も瓦で製作させてもらいました。

 

ありがとうございました!

 

場所はコチラ


◇本格的な鬼瓦から瓦を使ったエクステリアや記念品・贈答品までお気軽にご相談ください◇

◇ 株式会社タツミ http://tatsumi-oni.co.jp ◇

◇ Ibushi Gallery 瓦廊 http://tatsumi-garou.com/ ◇

 

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

Ibushi Block の施工例を見てきました。

販売からもう約10年になります、弊社エクステリアシリーズのIbushi Block

なかなか施工現場まで見に行くことが出来ていませんが、

お陰様で多方面でご使用頂いております。

ありがとうございます。

 

以前納品させて頂いた現場を見る機会があったのでご紹介いたします。

目隠し的な使われ方が多いのですが、こちらの現場では

省スペースの中庭のデザインの一つとして、いぶしブロックを使って頂いています。

弊社製ではありませんが、下の玉砂利内に施工されているボーダータイルも淡路瓦製です。

瓦の規則性と自然の造形が素敵ですとの感想もいただきました!

瓦ならではのエクステリアデザインになっています。

和風庭園、モダンなエクステリアデザインに是非ご利用ください。

 


◇本格的な鬼瓦から瓦を使ったエクステリアや記念品・贈答品までお気軽にご相談ください◇

◇ 株式会社タツミ http://tatsumi-oni.co.jp ◇

◇ Ibushi Gallery 瓦廊 http://tatsumi-garou.com/ ◇

 

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]