淡路瓦 タツミのブログ

兵庫県伝統的工芸品「淡路鬼瓦」指定窯元

dsc_4967

結婚式の引き出物に宝結びの模様入り鍋敷き。

あると便利な瓦製の鍋敷き。

日常でもよく使うので、既製品のこちらの商品も人気です。

↓  ↓  ↓

鍋敷き 華紋

92bd377a16e5cc3e17fd70f01458ee42

 

さて、今回は結婚式の引き出物にオリジナルの瓦の鍋敷きをとのご依頼でした。

鍋敷きの模様はお客さまにご提案頂き、とても縁起の良い「宝結び」の模様に決定しました。

 

宝結びは、宝物を包むときの飾り結びの形から生まれたそうです。

連続する無限を意味し永久の繁栄、長寿、多幸などを願う吉祥紋!

 

引き出物と言う事で、ある程度の数が必要なので

原型を作り石膏を流し型を作って量産していきます。

 

dsc_4865

 

型抜き後も手を加えて丁寧に仕上げていきます。

 

dsc_4969

 

焼き上がり。

 

dsc_5105

 

dsc_5108

 

一つづつ化粧箱に入れ包装し、納品させて頂きました。

後日、大変喜んで頂けたと嬉しいご報告もいただきました。

ご依頼ありがとうございました!

 


◇本格的な鬼瓦から瓦を使ったエクステリアや記念品・贈答品までお気軽にご相談ください◇

◇ 株式会社タツミ http://tatsumi-oni.co.jp ◇

◇ Ibushi Gallery 瓦廊 http://tatsumi-garou.com/ ◇


dsc_4837

こだわりの空間に淡路の瓦。

プライベートオフィスの表札をご依頼いただき

製作させてもらったお客さまから施工後の写真を頂きました。

ご依頼の表札は「庵」一文字。

鬼師がいつものように手作り製作いたしました。

 

dsc_4837

 

焼き上がり

dsc_4880

 

施工後

img_1369

img_1363

 

背面のスクラッチタイルが綺麗ないぶしを引き立ててくれいています。

とてもご満足いただけたとの事でした。

ご依頼ありがとうございました。

 

ちなみにこちらの玄関上の庇には

淡路瓦の鎬残(しのぎざん)が葺かれているそうです。

 

img_1368

 

こだわりの室内画像を見せていただきましたが、

外回りにもこだわりの淡路瓦で素敵なプライベートオフィスでした。

ご丁寧に画像を送って頂きありがとうございました!

 


◇本格的な鬼瓦から瓦を使ったエクステリアや記念品・贈答品までお気軽にご相談ください◇

◇ 株式会社タツミ http://tatsumi-oni.co.jp ◇

◇ Ibushi Gallery 瓦廊 http://tatsumi-garou.com/ ◇

 


dsc_5153

喜寿の記念品にミニ鬼面

喜寿の記念品を配られるとの事でご相談を頂きました。

家紋入りで手のひらサイズの鬼瓦をご希望で、

サンプル製作をさせて頂き、ご発注頂きました。

今回も数量を作るので、原型を製作し、

 

dsc_4236

 

石膏で型をとり、手押ししていきました。

 

dsc_4517

 

今回は型押しの後の手直しが結構大変でした。

 

dsc_4489

 

数量もあり、職人も疲労困憊気味でしたが、

何とか期日に間に合い、お送りさせて頂くことができました。

 

dsc_4526

 

お客さまには大変喜んでいただけて、喜びもひとしおです。

 

 

dsc_5152

 

鬼瓦は魔除け、厄除けの願いも込められています。

手にされた皆様には是非ご家庭で飾って頂ければと思います。

 

dsc_5154

 

ご依頼ありがとうございました。

 


◇本格的な鬼瓦から瓦を使ったエクステリアや記念品・贈答品までお気軽にご相談ください◇

◇ 株式会社タツミ http://tatsumi-oni.co.jp ◇

◇ Ibushi Gallery 瓦廊 http://tatsumi-garou.com/ ◇