門屋のリフォーム(10)

今日も真夏並みの暑さでした…。
一番暑い時期に始まった屋根工事も終盤です。

今日はいよいよ棟の鬼瓦の出番です!

鬼瓦は何にするのか、色んな意見が出ました。
うちは鬼瓦屋なので、おもいきって本鬼面に!
と私は思っていたんですが、軽くスルーされちゃいました…。

自社製の古代鬼面を使用することになり、
屋根にあてがってみる事に。

60e4ddd15370c560915495a60f432783

瓦揚機に乗せられて準備万端!

e11483b4e81f398284de6d350fca19fe

いってらしゃーい

c904e7cb36898e67a84d893c92201571

5285ea3fdf0b10e7f020ec04d86ec4a7

無事到着!!

6ddcb05db80e90cd705bcae09a61d533

本鬼面も捨てがたかったんですけど、この屋根にはシンプルな
古代鬼面の方がよく似合ってるようですね。

和瓦は種類豊富。
何にするかを選ぶことも、和瓦の楽しみ方の一つです!
景観を乱すことなく、個性を発揮できる。
和瓦ならではです!

さて門屋の方ですが…
本格的に葺きはじめようとした時、雲行きが怪しくなり
やがて雨…。

6467822b4f95876f55760ffe0aaaa93c

鬼もいったん下ろして
今日はここまでで終わりました。

以前の記事はこちら

 

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。